ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバーなど大型犬用品専門店 アイアンバロンからのお知らせ
アイアンバロン・スマホ支店(スマートフォン用サイト)はこちら 》
更新情報通信販売のご案内お客さまの個人情報についてあいばろくらぶ入会最短お届け日チェックご注文内容の確認

アイアンバロンおしえてエリザベス > Vol.6


獣医さんに行こう!の巻
・・・いつものようにアイアンバロンある日の昼下がり。
リポーター・蘭丸ピンクっ鼻をふくらませお店にダッシュしているぞ!
あ〜だから保護者を引きずっちゃだめだってこの前も言っただろうが...。

せんせーい!エリザベスせんせーい!キャッちゃんママが獣医さんに行ったというのは本当でしゅか〜?

うるさいわねぇ。もう少し静かに来れないの?あんたはいっつも騒がしいんだから・・・
そんなこと言ったって、オイラの大事なキャッちゃんママが病気と聞けば、黙っちゃいられましぇんよ!
まっ、生意気に口答えなんかする様になっちゃって!大丈夫よ。みてご覧なさい。ママの足下でいつものように仕事邪魔しながら寝てるから。
あっ、本当でしゅ。ほっ、よかった。オイラ入院とかしちゃって大変なのかと思っちゃいまちた。 で、いったいなんの病気なんでしゅか?
あのね、キャサリンは病気じゃなくて、健康診断の為に獣医さんに行ったのよ。もちろん私やお兄ちゃん達も一緒に行ったんだけど。
えっ?健康診断??それは一体どんな病気なんでしゅか?
おバカ・・・。健康診断っていうのはね、病気の種類じゃなくて検査をしてもらってどこか悪いところがないかどうか調べてもらうことなの!まったく・・・なんにも知らないんだから。
なるほど!そう言えばウチのパパやママもやってましゅね〜。思い出しました。で、オイラ達も前の晩は9時以降飲食禁止とかしなきゃならないんでしゅか?
あんたって、何にも知らないくせに変な事は知ってるわね。
それほどでも・・・・えへっ。
別に褒めたわけじゃないわよ。パパ達とは違うから飲食禁止はないわ。
でもなんで急に健康診断に行くことになったんでしゅか?
オイラが生まれる前(交配前)にキャっちゃんママもブーボパパも全部検査して、異常がなかったからオイラが生れたって聞いてましゅよ。
だったら今更いいじゃないでしゅか。
それにババ(アイアンバロン・店長/蘭丸の祖母)もウチのママも大げさですから、犬初心者の頃は一粒の湿疹でもすぐ獣医さんに行ってまちたよね。
今だってちょくちょく行ってるんですから、何も今さら健康診断なんて・・・・。
一回したからもう良いってもんじゃないのよ。
人だってワンコだって歳をとるといろいろ状況が変ってくるんだから。
あんたのママだってしょっちゅう検査してるじゃない。
当然、今までも予防接種の時とかフィラリアのお薬を貰うときとかには、先生は私たちの体調を診てくれたけれど、まっ、お兄ちゃん達も今年は8歳になることだし、ブーボ兄ちゃんがちょっと背中が痛くなったりもしたんで、ここら辺できっちり検査してもらっておこう!って事になったわけ。
成人病予防みたいなもんでしゅね。エリザベス先生だってオイラの倍の7歳でしゅもんね。油断はできましぇん。
(ムカッ)あんたってコはレディーに向かって余計なことを!!でも、その分あんたの2倍以上はおりこうだワ。
(ケロッ)ところで、どんなことをしたんでしゅか?
今回私たちは触診と問診とレントゲン、それからウンコの検査をしてもらったの。
ショックモンブランフランケン?!なんだかこわそうでしゅねー・・・・モンブランは好きでしゅけど。
・・・。ただでなくても暑いんだから、これ以上暑苦しくなる事言わないでくれる・・・。
触診
っていうのはね、先生が私たちの体を触って、診察する事よ。
これだけでもどこか腫れてるとこや“しこり”“ここが痛そうだなんてことが見つかることもあるのよ。とても重要なの。
問診は普段の様子(通常、獣医さんに行くときはどこか具合が悪い時しか行かないから、元 気な時の事もしっかり伝えないとね)とか最近気になる事とかをママが私たちにかわって伝えるのよ。
そういえば予防接種の時も、先生はまずお熱を計ってオイラの体にさわりますね。
あれが触診で、お話してたのが問診でしゅか。 簡単に言うと“おさわり”と“おしゃべり”でしゅね。わかりました!
簡単に言わなくていいの!!誤解を招くでしょう!
レントゲンは体の中が写る写真だと思いなさい!骨や内蔵の異常が判ったりするのよ。
あっ、そう言えばそのフランケンとか言うのは前にケガした時にやったような気がします。
それからキャっちゃんママのお腹にオイラ達兄弟がいるときに“チョーおっぱい検査”というのをやった事があってその時のプリントアウトをもらってオイラもってまちゅけど。それは?
・・・・・。超音波検査のことね。
それはね、超音波の反射を利用して内蔵なんかを映像化する検査よ。
仔犬がいくつお腹にいるかを見たりも出来るわ。
プローブっていうのにゼリーみたいなのを付けて、診たい臓器のあたりをさわるの。痛くもかゆくもないからラクチンよ。
私もお腹にベビーがいるときやってもらって、記念にプリントアウトを保存してあるわ。
すごいでしゅね〜。
オイラが日々成長して立派なワンコになっているように、医学も進歩してるわけでしゅね。
あんたと一緒にされたら医学も気の毒ね。
???で、キャっちゃんママの検査の結果はどうだったんですか?
おかげさまで、元気だし、骨なんかそれはそれはキレイなもんだったわワ。でもね・・・。
え〜!!やっぱりキャッちゃんママは病気なんでしゅか〜!?
大変でしゅ!オイラ介護保険とか入ってましぇんよ!
キャッちゃんママはなんか保険に入ってましゅか?!
オイラ入院代払えましぇんよ。他の兄弟にも連絡しなければなりまちぇん!
だから、そこでブーブーじゃなくてスヤスヤ寝てるんだから心配しなくてもいいって言ってるでしょう!
あのね、笑っちゃうというかあのコらしいというか・・・キャサリン実は“膀胱結石”だったのよ。レントゲンでそれが判ったのよ。
暴行欠席?先生、ちゃんとした日本語じゃぁありませんよ、これは!
オイラだってそれくらいの事はわかります!
判ってないのはあんた・・・・・。
あのね、私たちの体には“膀胱”っていうオシッコが溜るところがあるの。
キャサリンはそこになんと約50個!も小さなコンペイ糖みたいな石がたまってたのよ。
かわいそうに、キャッちゃんママ・・・・。
ダイエットがきつすぎて、石まで食べちゃったんでしゅか・・・。
こんな事ならオイラが神戸牛の一キロも持ってきてあげたのに・・・グスン・・・あお〜ん!あお〜ん!
もし、もし?たぶんあんたの頭じゃそんなふうにしか理解できないと思ってたけど・・・・あるイミ解りやすいコね。
オシッコの中にはいろんな“塩類”って言われるものがたくさん溶け込んでるんだけど、これがすぐ結晶になっちゃう不安定な状態で存在しているのね。
だから何かの原因でオシッコのpHバランスなんかが狂うと結石ができやすい状態にになるらしいの。
原因としては食事に関係するもの、内分泌や代謝の異常、細菌が関係してるものなんかが挙げられるんだけど、メカニズムや原因はまだハッキリ解ってないこともあるらしいの。
ただウチは4頭とも同じごはんを食べて同じ生活をしてキャサリンだけがなっわけだから体質もあるんじゃないかしら?
う〜ん解ったようなわからんよーな・・・。
でもキャッちゃんママはお腹とか痛かったでしょうね。
どーしてババは気がついてあげなかったんでしょう!ひどすぎましゅ!
オイラがババを成敗しましょうか?キャッちゃんママの敵はオイラの敵でしゅ!
ウチのママの事勝手に成敗しないでもらえるかしら。
ママは私たちの健康管理には充分気配りをしてくれてるわ!
まぁ、ウチは4頭まとめての“下町育ち”だけど、お店のスタッフ(ゴールデン/バディ♂とジュニア♂の保護者:ジュニアはエリザベス先生の息子)が、“山の手方式”の上品かつ繊細な子育て方針で自分の子と同じ様に私たちの体をさわりまくって、ママだったら見逃すよーな一粒の湿疹も、ちょっとお腹が熱いとかも発見するのよ。
あっ、キャサリンのことまたさわってるわ!
でもさわってもらうのは気持ちいいから後で私もやってもらおーっと。
じゃぁその次はオイラも・・・。それならなんできゃっちゃんママは?
そこがキャサリンらしいとこなのよ。
私の調べたところによると、“膀胱結石”になると血尿や頻尿、オシッコがでなくなるなんて事がおきるらしのね。
もちろんキャサリンくらい結石の量が多ければ当然そういう症状が出るはずなんだけど、あのコはなんていうか鈍感というか豪傑というかみじんもそんな様子を見せなかったのよ!
信じられません!そんなことってあるんでしゅか?
先生もビックリしてたわ。
ママなんかあぜんとしつつも、一生懸命「私は犬の健康管理はきちんとしていて、自分の犬の事はよーく見てますが、本当にそんな様子はなかったんです!」って訴えてたわ。
でもその後で「これがムーニーやブーボやベッちゃん(エリザベス先生の事)じゃなくてキャサリンだっていうところがミョーに納得するワ」って私に囁いてたわ。
あんたの母犬のキャサリンってヘンの子なのよ・・。そこがまた可愛いんだけど。
オイラもビックリでしゅ!
前々からキャッちゃんママはただ者ではない!と思ってはいましたけど・・・。
♂のあんたなら間違いなくピーピー泣いてるわね。(♂は尿道が細く長いので小さい石でもとっても痛いらしい)さて、ここまで話して私が何を言いたいか判る?
う〜ん・・・キャッちゃんママは怪物!って事でちゅか?
まぁ確かに私もそう思うけど、そうじゃなくて“うちの子にかぎって!”って思い込みがどの家庭にもあるんじゃないか?ってことなのよ。
どの家庭のワンコもみんな可愛がられていて、ウチのママみたいに「ウチの子の健康管理はきっちりしてます!」って自信があるじゃない。
けど、症状が出なかったり、触診だけでは見えてこないこともあるのヨ。
ふむふむ。
だってそうでしょ?
さっきも話が出たけど、ウチのママやあんたのトコの保護者なんか「こんな事でいちいち獣医さんに行ってたら、先生も迷惑よね〜」ってタイプでしょう。
それだって、こんなことがあるのよ。
キャサリンみたいに病気なのにケロッとしていて、バクバク食べてブーブー寝てて、元気一杯に遊んでたら、誰だって気がつかないわよ。
ごもっとも!
だからね、一年に一回位は“健康診断”受けたほうがいいんじゃないか?って事にウチはなったのよ。
特に5歳過ぎたら是非やる事をオススメしたいワ。
早期発見ってとても重要なことなのよ。
もちろん中にはアレルギーや関節疾患等、完全に治すことができないこともあるけれど、それはそれで仕方のないことでしょう。だからしっかりと受け止めて、その後いかにケアしてあげるかが大切になってくるわけ。
早くわかれば、そのコに合った食事・運動量・ペース・遊び・室内の改装なんかが考えてあげられるじゃない?
そうでしゅね。病気というヤツはどこに隠れているかわかんないでしゅもんね。
でもって病気になったからって可愛い我が子にはかわりありましぇんものね。
そういうことね。ところで、ついでだからあんたも健康診断受けてきたら?
キャサリンの子供の中であんたが一番母親似だものねぇ〜。性格も体質も。
もしかしたら石の2個や3個あるかもよ〜。
(ドキッ)あっ、先生オイラ今日はもう帰らなければなりませんから又にします。
帰り道じゃないの!病院。私が電話してあげるわよ!
あっ、先生!いいでしゅよ。オイラ・・怖いでしゅ〜!!
あそこ行くと、針で刺されて変な液体入れられたり(注:予防接種の事。誤解があるといけないので念のため)血を抜かれたり(注:フィラリア検査の事。誤解があるといけないので念のため)耳に変なもの突っ込んだり(注:体温測定の事。誤解があるといけないので念のため)ひどいことされましゅから〜!!
(プルプル〜。プルプル〜。)
「あっ、先生ですか?私エリザベスでーす。いつもお世話になってますぅ、あのぉ〜私の妹の子供の蘭丸っていますよね。あの子の健康診断をしていただきたいんですけど、今から行かせていいですかぁ?ハイ!わかりました!じゃぁよろしくおねがいしますぅ〜。」
蘭丸!予約取れたわよ!
あー先生、電話の話し方とオイラへの話し方とぜんぜん違う〜・・・・。
あらそう?私はT・P・Oをわきまえてるだけよ。
さぁ、つべこべ言わずにさっさと行ってらっしゃい!
わかりまちた・・・気が重いでしゅ。
ピンクのお洋服を着た看護婦さんはとても優しくてオイラ大好きでしゅけど、水色の服着た男の人たちは嫌いでしゅ!
オイラに嫌なことちましゅ〜。やっぱりやでしゅ〜。あーママ、引きずらないで〜。
・・・来たときとは逆に、保護者に引きずられてリポーター・蘭丸 退場......
ホッ。今回はいつもより早く済んだわ。
あっ、そー言えばあの子“神戸牛”がどーとか言ってたわね。
蘭丸〜、私はナイスバディでダイエットの必要ないから、1キロと言わず10キロ位持ってきなさーい!!

いやぁ〜今回は予想外の展開で私も参りました。
あの後病院へ行って健康診断を受けてきましたが、おかげさまでどこも悪いところはありませんでした。
やっぱり安心しますね。
あっ、“神戸牛”の件は聞こえなかった事にしといてくださいね。
さて、いつもの様に本文で書けなかった事を書いておきますね。
それでは皆さんまたお会いしましょう!さようなら!

取材協力/駒沢・ながいき動物病院(旧:永井動物病院)
健康診断について
 

皆さんは信頼できるかかりつけの獣医さんがありますか?
エリザベス先生を初めとするアイアンバロンのスタッフ犬はお店から比較的近いところにある獣医さんに通っています。
私もキャッちゃんママのお腹の中にいたころから同じ先生にお世話になっています。
そんな訳で私のママは困ったことや心配なことがあると素人判断をせず、なんでも相談しています。

今回の健康診断も、こういった普段からのコミニュケーションの上に成り立っていると言っても過言ではないでしょう。
私は誰に頼まれなくても、“お腹おっぴろげというワザを披露しますが、中には出来ないワンちゃんもいます。
そうすると全身麻酔をかけないとフランケン・・じゃなくてレントゲンを撮れない場合も出てくる訳です。当然、リスクはあるでしょう。
そこまでして、健康診断の為にレントゲンを撮る必要があるのか?そういったことも含めて先生とフランクに話せる関係ってとても大切だと思います。

私たちワンコを一番解ってくれて守ってくれるのはパパやママです。
ですから納得のいくまでお話して欲しい・・・。私たちからのお願いです!ワンコは痛ければナメ、かゆければかき、具合が悪ければうんちの調子がおかしかったり、もちろん元気がなくなったりもしますが、それだけでは判らないこともあります。
なぜならキャッちゃんママ程ではないにしろ、ワンコはパパやママよりずっと痛みに鈍感ですから気づくのが遅くなるケースもあります。
フィラリアの検査や、予防接種の時に一緒にしっかり触診してもらうだけでも、違うと思いますよ。
ちなみにエリザベス先生は「お腹にしこり〜????もしやガン???」と思ってママが病院にすっとんで行ったら実はウンコだった・・・という笑い話もありました。

蘭丸・決死!?の健康診断
帰っちゃおうかな〜... ママ〜!たちゅけてくだちゃい!
これがショック(触診)でしゅね。
なるほど!これがちょーおっぱい(超音波検査器)の機械でしゅか! フランケン(レントゲン)でしゅ〜!! フム、フム!オイラのフランケン(レントゲン)はきれいでしゅ!
(インフォームドコンセント?)
キャサリンの病状について
 

全国のキャッちゃんママのファン(いない?!)の皆さん、ご心配をおかけいたしました!
さて、自覚症状ゼロのキャッちゃんママの“膀胱結石”ですが、思わず学会に発表したくなるほど驚異的な回復力をみせています。

初めレントゲンで結石が発見された時、まずは石の種類をを見極め、治療方針を決めるため、まずはオシッコの検査をすることになりました。そのオシッコを診て先生またビックリ!
とても検査できる状態ではないほど濁っていたのです。
そこでとりあえず濁りをなくすためのクスリを飲むことにしました。
一週間後の検査の時、先生またまたビックリ!
オシッコがキレイになっていたばかりではなく、結石が半分位になっていたのです!!
おそるべし!キャッちゃんママの自然治癒力!
痛い顔一つせず、日々石を放出!ということで、今は食餌療法だけで(キャっちゃんママの場合これ以上石を作らないため体をアルカリにしなければならないので、これからずっと食餌療法を続けなければなりません)毎日元気にしています。
ただ少し大きめの石が2コあるのでそれが出る時にはさすがのキャっちゃんママも少し痛みを感じるだろう・・・

キャシーの石はシュウ酸カルシウム結石といってクスリでは溶かすことの出来ない石なので、場合によっては手術になるかも・・・。とのことです。
“これだ!”という原因はわかりません。
ただババは、「いくらキャサリンでも3年も4年も前から石を貯蓄してたとは思えないから、最近ダイエットの為、食事の内容を変えたからその影響も少しはあるかしら・・・・??」と言っていました。いずれにせよ、他の3頭は結石の病状はないので体質=個体差によるところが大きいように思えます。
まっ、とにかく命にかかわるような大変な事にならなくて本当によかった・・・と思います。


手術はいやですから毎日石を出ちてま〜す。ごはんも変わったし、サプリメントハーブも入れてるし、飲み水やごはんに使うお水はアルカリイオン水になったの...

お金がたくさんかかって、大変だってママがいったまちた。家計を助けるためにアルバイトでもしようかな...なんてちっとも思ってましぇん。

byキャサリン
注:ナゾの生き物ではなく、キャサリンです

エリザベス情報

先日の多摩川の花火大会の時は不本意ながら蘭丸の家に一時避難をし、事無きを得た。(VOL.5「音響シャイってなんでちゅか?」参照)
今回、避難してきたエリザベス先生と、付添のキャサリンに自分の家を乗っ取られた蘭丸は、肩身の狭い思をしたのがちょっとくやしいが、もちろんそんな事はいえない。


多摩川の花火大会の時は、蘭丸の家に避難。ドアをじっとみつめババの迎えを待つ。
もう花火も終わったみたいだし 帰らせていただくわ!
by エリザベス(蘭丸宅にて)
 
VOL.5へ VOL.7へ


   ⇒マーキングって?
アイアンバロン商品メニュー
介護用品・看護用品
犬のおやつ
大型犬用ベッド・マット・ケイジ
大型犬用の首輪・リード
大型犬のおもちゃ
犬用のサプリメント
犬の食器・水筒
犬のノミ・ダニ・臭い対策
犬のシャンプー・グルーミング用品
犬用のブラシ・はさみ・爪切り
犬のお手入れ・衛生用品・ケア用品
犬のトイレ・サニタリー
人用雑貨・ステッカー
季節用品(夏/冬)
防災用品
新商品・おススメ商品
アイアンバロン オリジナル商品
犬の暑さ対策
8月のおススメ♪
9月のおススメ♪
ご注文内容の確認(買い物かごの中身)
検索
  • あいばろくらぶ写真館
  • けいじばん
  • あいばろモデルわんクラブ
  • ご近所(駒沢)ドッグカフェマップ
  • りんく
  • サイズの測り方
  • 通販のご案内
  • 店舗のご案内
  • ふぉーぱぴー
  • もいもい成長日記
  • おしえてエリザベス
  • ワンちゃんの「人間年齢換算」早見表
  • Facebookアイアンバロン
  • アイアンバロン スマホ支店
  • レトリーバー専門生活雑貨SHOP「アイアンバロン」
お問い合わせはお電話で 03-5752-7117
店頭にてご試着・ご試用・ご試乗が可能な商品の一覧
Photoレビューの投稿はこちら
8月のお休み
8月6日〜16日は連休
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
9月のお休み
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
この色がお休みです
定休日:毎週火曜・水曜
営業時間:11時〜19時
    
お支払方法 手数料 出荷日 送料
●代金引換 クロネコヤマト代金引換 300円(+税)
※10,000円(税別)以上は無料
即日または翌営業日

クロネコヤマト
全国一律
500円(+税)
※10,000円(税別)以上は無料

※沖縄・離島への大型商品のお届けは、別途送料がかかる場合がございます。

●クレジットカード クレジットカード 無料 即日または翌営業日
●コンビニ決済
 (前払い)
コンビニ決済 200円(+税)
※10,000円(税別)以上は無料
入金確認後、即日または翌営業日
●銀行振込
 (前払い)
ジャパンネット銀行 振込手数料は
ご負担下さい
入金確認後、即日または翌営業日
※営業日の午後4時ごろまでのご注文分・および入金確認分は、即日発送いたします。(毎週火曜・水曜は定休日のため、木曜発送) 
※開封後の商品は、使用・未使用にかかわらず返品できません。 詳しくはこちらをご覧下さい⇒
商品についてのお問い合わせはお電話で・・・03-5752-7117  定休日:毎週火曜日・水曜日 営業時間:11:00〜19:00
更新情報通信販売のご案内お客さまの個人情報についてあいばろくらぶ入会最短お届け日チェックご注文内容の確認特商法に基づく表記

「BLOND FAIRY」はアイアンバロンのオリジナルブランドです。「アイアンバロン」および「IRONBARONS」は有限会社アイアンバロンの登録商標です。このウエブサイト上の画像および文章を無断で転載・引用することは、法律で禁じられています。
(C) IRONBARONS All Right Reserved.

アイアンバロン・スマホ支店(スマートフォン用サイト)はこちら 》

ゴールデンレトリーバー・ラブラドールレトリーバーなど大型犬用品ならおまかせ
レトリーバー専門生活雑貨ショップ「アイアンバロン

154-0012 東京都世田谷区駒沢5-19-10 TEL:03-5752-7117 FAX:03-5752-7118  E-mail/ ironbarons@retriever.co.jp